不動産オーナーになろう!マンションなら一棟買いか部屋買いか

不動産オーナーになって賃貸経営

不動産オーナーになって賃貸経営をすると不労所得を得ることができます。賃貸するための不動産を購入しなければならないものの、その投資額に応じて高額の家賃収入を得られるのが魅力の投資方法として台頭してきました。不動産オーナーになるときによく選ばれるのがマンションを手に入れる方法です。大別すると一棟マンションを買う方法と、切り売りをしているマンションの一室を買う方法とがありますが、どちらを選ぶとよいのでしょうか。

一棟買いをするメリットとは

一棟マンションを購入するメリットは複数の部屋を賃貸できることです。部屋の数が多い分、入居者が増えればそれだけ家賃収入を大きくできます。空室リスクもあるのは事実ですが、立地や設備などに十分に気を払って満室を目指す工夫をするとそれだけ収入が上がるのでやりがいがあるでしょう。もし空室が少しできてしまったとしてもリスクが分散されるので収入が途絶えてしまうことはまずありません。ローンを組んだ場合にも返済に困ることは少ないのが特徴です。

部屋でマンションを買うメリットとは

一棟マンションを部屋ごとに切り売りをしていることも多くなりました。部屋単位でマンションを買うメリットは購入金額が安いことです。一部屋であっても数千万円という単位になることはしばしばありますが、一棟買いをするよりも少額の投資で不動産オーナーになれます。ローンをあまり大きくしたくないときや、自己資金が十分にあってローンを組まずに買いたいときなどに特に優れた方法です。将来的に自分の部屋にしようという考えで購入して賃貸経営するというアプローチも取れます。

札幌市白石区の賃貸は物件の数が多く、交通アクセスも充実しています。商業施設や公共施設など、周辺環境をチェックして選ぶように心がけましょう。