賃貸生活を始めよう!初期費用の準備は大丈夫?

賃貸物件を借りるのにかかる初期費用

賃貸物件を借りて生活を始めるときには初期費用が大きくなりがちです。賃貸契約を結ぶ際には家賃だけを支払えば良いわけではありません。敷金や礼金が発生することが多く、物件によっては合わせると家賃で半年以上の金額になる場合もあります。また、不動産会社に支払う仲介手数料も家賃で半月分から一ヶ月分が要求されるのが一般的です。賃貸物件を借りるという観点ではこれに加えて前家賃を払う程度ですが、これに追加費用もかかることが多いので注意しましょう。

賃貸生活を始めるのにかかる追加費用

不動産会社とやり取りをしていると敷金や礼金、仲介手数料などはよく話題に上りますが、契約をする段階になって突然登場する追加費用があります。必ずかかるのが火災保険料であり、賃貸生活をする限りは保険への加入が義務になっているので仕方ありません。この他にもクリーニング代や鍵交換代はよく請求されるものです。借りる物件によって異なる場合もあるので、どの程度の費用がかかるかは予め契約前に聞いておくようにしましょう。

生活を起ち上げるのに必要な費用も注意

賃貸生活は物件を借りただけでは始まりません。その後にかかる費用も初期費用のうちと考えて念頭に置いておきましょう。引越し費用は距離が長くて荷物が多いと家賃以上に高くなることも珍しくありません。家具や家電を購入する費用も新品で揃えると高額になるでしょう。その他にも生活をするのに必要になる消耗品を買い揃えると意外と大きな金額になります。余裕を持って初期費用分の予算を確保しておくと生活の起ち上げに困りません。

札幌市北区の賃貸のメリットとして、駅前から近いところに位置していることや、保証制度が充実していることがあります。