仲介手数料は賃料の半月以下が当たり前!?間違いだらけの賃貸選び

仲介手数料は法律上に規定があります

賃貸物件を借りる時に不動産屋を経由すれば、仲介手数料が家賃の半月分発生します。1ヶ月分と勘違いしている人が多いですが、不動産屋が受け取れる仲介手数料は家賃の半月分迄と法律で決まっています。契約書の中に特約として大家が支払う半月分の仲介手数料を入居者が払うことに同意する契約を盛り込んで同意した場合のみ、仲介手数料を最大1ヶ月分不動産屋が受け取っても良いことになっています。あたかも最初から決まっていると言わんばかりの対応をする不動産屋には気を付ける必要があります。

仲介手数料無料となるには理由があります

不動産屋の中には、仲介手数料無料または半額という触れ込みで集客している業者がいますよね。大家から出る広告料を原資として、入居者が負担する仲介手数料を無料としています。仲介手数料半月分を大家から出る広告料で埋めるシステムを採用しているので、見た目に安くなるわけです。何故その部屋が仲介手数料無料で案内してもらえるのか、理由を良く調べてから申込みを行わないと、場合により入居してから安い理由が分かって残念な結果となる可能性があります。

大家と直接契約すればそもそも仲介手数料無し

不動産屋経由で申込みを行なうと、入居者が支払う初期費用に大家が求めていない余計な契約を乗せられてしまうことがあります。入居者だけでなく、大家の中にも入居希望者が嫌がることを排除するために、自ら直接契約を行っている良心的な大家がいます。不動産屋を介さなければ、仲介者がいないので、そもそも仲介手数料自体が存在しません。何かと初期費用が嵩むことが多いので、大家が直接入居者を募集しているサイトを利用すれば、優良物件に出会える確率が上がるでしょう。

札幌の賃貸マンションの契約をするには、事前に契約期間の長さや業者選びのコツをつかむことがポイントです。