賢い店舗経営のための居抜き物件!メリットと注意点とは?

店舗経営を始めるなら居抜き物件の活用

店舗経営を始めたいと考えたときには店舗物件を探さなければなりません。そのときに居抜き物件の活用を考えてみると良いでしょう。居抜き物件を選ぶメリットは初期費用を削減できることであり、店舗経営に必要な設備や家具などが一通り揃った状態にできます。配線や配管なども既にできているため、その状態で問題ない場合には速やかに内装工事に取りかかれるでしょう。費用を抑えつつ、店舗物件の手配から開業までの時間も短くできるのがメリットです。

物件探しが難しい居抜き物件

居抜き物件を活用したいと考えたときに最も大きな問題になるのが物件探しです。もともと流通している数が少ないため、必要な広さと立地、設備の全てが揃っている物件に出会える可能性はあまり高くありません。運が良くないとどれか一つは諦める必要が生じます。理想を追求しているといつまでも物件が手に入らずに開業できないで月日が経ってしまうため、開業しようと決めたなら物件探しの期日を決めて選択するようにした方が良いでしょう。

内装を一新して違う店舗として開業

居抜き物件として市場に登場したのがつい最近という場合には内装についてそのままの形で使用しないようにしましょう。前のテナントがいなくなって新しいテナントが入ったというイメージを顧客に持ってもらわなければならないからです。廃業して居抜き物件になったのは確かであり、前のテナントが大繁盛していたケースは決して多くありません。お客がそのマイナスイメージを持ってしまうリスクがあるので、見た目の印象をとにかく変える努力をするのが大切なのです。

店舗物件の契約のタイミングを理解するために、複数の物件の価格相場や設備に注目をすることが成功につながります。