賃貸マンションの契約の前に確かめておきたいこと

他の不動産業者なら家賃が安くなるかも

賃貸住宅を契約する前に、もっとお得に家を借りるために調べておきたいことがあります。それは同時進行で複数の不動産業者と話をしている場合、契約しようとしている業者とは違う業者なら家賃が安くなるのかということです。マンションオーナーはそれぞれに違った条件で不動産業者と契約しており、家賃に1000円や2000円の差があるのはよくあることです。急ぐ気持ちは持たず、少しでも安い賃料で契約できる業者を選びましょう。

家の中は本当に大丈夫?

契約をする前に一度は内覧をしているものですが、時間によって日当たりなどは変わりますし、見た情報が部屋の全てではありません。特に結露や騒音に関しては不利な時間帯を避けて内覧をさせることがあります。部屋に入ることは難しくても、夜の時間帯に騒音をチェックしたり、そのマンションに住んでいる人に話を聞きましょう。そこで致命的な欠陥が見つかれば非常に幸運です。業者は物件の良い部分しか見せません。快適な部屋に住めるかは努力にかかっています。

最後には他の業者に話をしてみよう

目立った欠陥もなく、いよいよ契約というタイミングになったとき、最後に他の業者に話を持ち込んでみましょう。契約する物件の案内を持参し、さらにおすすめの物件があるかを聞きます。大手ではない業者も意外と物件を持っているものです。古くから営業している不動産業者にはそこにしか仲介を依頼していない物件も存在します。最後にもっと魅力的な物件を探してみましょう。もし見つからなくても、自分の選んだ物件に自信が持てます。

帯広の賃貸マンションの物件を選ぶ際には、人気の高い不動産会社の無料相談の機会を利用することがコツです。